FC2ブログ
2019/11/14

Para Hoy(=パラ・オイ)という富くじを買ってみた

パラオイ

以前から一度は買ってみたいと思っていた富くじである。

その昔、今から35年ほど前にバルセロナにいた時、ランブラス通りで身体障害者が

「パラ・オイ」と大声をあげながら富くじを売っているのをなんども目にしたものだ。

その同じ情景が、ピエール・ド・マンディアルグの著書で生田耕作さん訳の「余白の街」

という小説に出てくるのである。

それ以来、いつか買ってみようと思っていたのだが、買いそびれていた。

それが一昨日、パン屋の隣のロッテリアで実現したのである。

当たれば104ミリオン・ユーロだという。日本円で120億円(?)

1枚が2.5ユーロ(280円ほど)だった。

パラ・オイは、今日のためにとかいう意味で、その日に結果がわかるのである。

結果はもちろん外れ!

それでもいい記念だった。

今日見ると、火曜日は1等がなかったので、次回の金曜日発売分はついに

114ミリオネスになっていた。

なんと、136億円だって!

114milliones








読み終えた本 水谷竹秀 著  「日本を捨てた男たち フィリピンに生きる『困窮邦人』」


日本を捨てた男たち



内容紹介
フィリピンクラブとの出合いが、フィリピンへの逃避行、無一文への転落と5人の男の

運命を変えた。

今や社会問題となりつつある「困窮邦人」の実態を徹底的にあぶり出す渾身のノンフィク

ション。

第9回開高健ノンフィクション賞受賞作!




昨日の朝、Kindle版を買って、夕方には読み終えた。


日本でくたびれきって生きていた男が、ある日、夢のような甘美な思いをさせてくれる若い

フィリピンの女に出会う。

その瞬間から、男はその女から離れられなくなる。

そして、後先考えずに女を追いかけてフィリピンへ行き、所持金がなくなった時点で

捨てられる!

そこから男は、ホームレス同然の生活に陥る・・・

でも、彼にとっては、ある意味では、正しい選択だったのかもしれない。

なぜなら、それほどの情熱に人はふつう巡り合わないからだ。

男たちから、裏切った女への恨みとかが聞かれないのもそういうことかもしれない。

フィリピンの若い女に溺れた日本人男性の話を取り上げた本を読むのはこれが2冊目である。

以前読んだのは、浜なつ子著「マニラ行きー男たちの片道切符」という本だ。

これらの本を読むと、フィリピンはまるで「女護島」伝承・「ニライカナイ」伝説の島

のように思えてくるのである。


2019/11/13

〆を早めにとると酒量が少なくていい!

12日の朝はけっこう寒かった。まだ、11月の中なのにね。

12日の朝



気温は9度。

気温は9度



市場に買い物に行ったが、相変わらず「生マグロ」の入荷はなかった。

市場の横の人気のパン屋でパンを買ったのだが、店の中が男性だらけだった。(笑)

市場の横のパンヤ




お昼は、串カツ

これは、珍しく豚でなくて牛串カツ。

サイドメニューの「ぬか漬けの盛り合わせ」がうまかった!

串カツで昼酒




〆はそのぬか漬けでお茶漬けとあいなった。自家製昆布と山椒の佃煮も。。。

〆は茶づけ

〆を早めにとって、酒量を減らした。

ただし、体重は増えるかも?





夜は「豚シャブ」

豚しゃぶ鍋で晩酌

2019/11/12

縁故主義と公金流用が常態化しているアベ!

桜を見る会で首相私物化疑惑、予算額が不可解な急増
太字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。

「桜を見る会」公金不正に新疑惑! ケータリング業者は安倍首相と昭恵夫人のお友達だった 不自然な入札、価格も倍以上に
太字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。


公金を平然と私的に流用することになんのためらいもないのが、アベ一味。

もちろん、悪党はそれなりに「悪知恵」を巡らし、横領を「公的なもの」で包み込んで

目くらませをしている。(国家戦略特区などなど)

今回の「桜を見る会」なんていうのも、あたかも「国家行事」であるかのような偽装を

施しているが、実態は「アベ後援会」を国の予算で接待していたのである。

アベの地元の人間が800人以上も招待されている!

この事実だけで、全てがわかるというものだ。


それにしても、ひどい話だが、マスコミは何をしているのだ?

参加者が800人もいれば、そのうちの何人かから、招待状はどうして手に入れたのか?いくら

払って東京まで行ったのか?東京での宿泊代はいくらかかったのか?前夜祭のパーテイの費用は

いくらだったのか?

とか、訊くことはできるはずだ。







本日の雑感

★カテドラル

カテドラル



★よく買い物をするモロッコ人経営の八百屋

ここの番頭さん格のおにいさんの姿が1週間ほど見えない。

毎朝、挨拶を交わしていた、とても感じの良い人だったのに、どうしたのだろう?


モロッコ人経営の八百屋





2019/11/11

偶然、鮭を買っていた!

11月11日は「鮭の日」だそうです。

知らなかった。

鮭の日

そんな日とは意識せずに鮭を買っていた。

トロシャケで1100円ほどなり。

シャケを買っていた

4切れのうちの1切れを刺身にした。

鮭の刺身




11日の昼食

鮭の刺身のほかに、大根葉と油揚げの煮物、日野菜漬けもどきがついている。

大根葉と油揚げの煮物も付いている



〆は蒸し餃子。

これは市販の「Ajinomotoの餃子」だが、蒸し餃子にするとそこそこ美味しい。

〆は蒸し餃子



11日の夕食


牛肉と玉ねぎのオイスター炒め。

ナスのぬか漬けが絶品だった。

牛肉と玉ねぎのオイスターいため



〆は自家製の昆布と山椒の佃煮で茶漬け。

〆は茶づけ

今日は、昼も夜もしっかりと〆を早めにとったので、アルコール量が少なかった。



本日の雑感


アルハンブラ宮殿のある丘(サビカの丘)

サビカの丘


八百屋に置いてあった気持ちの悪い図柄の果物

気持ちの悪い図柄の果物


2019/11/10

日の丸の小旗がうち振られ、「万歳」「万歳」という歓声が聞こえる・・・

「令和の始まり実感」祝賀御列の儀が開催。笑顔の両陛下に歓声
太字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。

小旗打ち振る人々が「万歳・万歳」と歓声をあげていたそうな。

何が「万歳」なのかよくわからないが、こういう流れが、いずれ主流になり、同調しないと

「非国民」扱いになるのだろうね。

怖ろしいことだ。

自分には「万歳」が破滅に向かっての突撃の声に聞こえてならないのだが・・・







土日はサッカー観戦漬け

土曜日(9日)。地元のグラナダはバレンシアに0:2で負けるし、乾のエイバルは

レアル・マドリーに0:4とボロ負けとおもしろくない日だった。

あけて日曜日は、マジョルカの久保が初ゴールをあげた。

ボールロスも結構あるが、だんだん慣れてきたこともあり、力を発揮しつつある。

18歳とは思われぬ落ち着きだ。

それにしても、スペイン語ペラペラみたいだね。ジジイは恥ずかしい!


youtubeで見るをクリックしてください。





絶賛に次ぐ絶賛!初ゴール久保にマジョルカ監督
太字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。