FC2ブログ
2019/08/01

呉座勇一著「応仁の乱」を、なんとか読み終えた!

応仁の乱

室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか――。日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。






「応仁の乱」はなぜヒットしているのか? 筆者が読み解く
太字部分をクリックするともとの記事へジャンプする。



百田尚樹の「日本国紀」について書かれた批判記事を読んで、この著者を初めて知り、代表作の

「応仁の乱」を読んでみようと思って買ってみた。

いざ本を開いてみると、浅学無知のジジイには、立ち止まる箇所が多すぎたのだ。

おかげで、かたわらに、日本史の参考書を置いて読んでいたのである。

したがって、感想を書くなんて大それたことはできない。

あえて言えば、彼が、何箇所かで、戦後の歴史学会で主流だったという「階級闘争史観」を批判

しているところは、妙に気にかかった。

硬直した機械的唯物史観を批判しているのだと思うが・・・

ほかには、「足軽」の誕生とか「山城国一揆」とか、について、もう少し知りたいと思った。

興福寺の二人の高僧の日記をもとに、時代を捉えるという手法は、すごく惹きつけられる方法論

だ。

ただ、残念なことに、この二人が守旧勢力の代表格なので、傍観者的でおもしろくない。

願わくばもっと末端の人の日記なんかで、この方法論で応仁の乱の検証がなされれば、きっと

おもしろい内容になるのだろうと思ったが、それは、ないものねだりの無理な要求だろうね。

まあ、読み終えるのにえらい時間のかかった本だった。



2019/08/02

今の時期、良い魚がないのはわかっているが、とりあえず市場に行ってみた。

朝、10時に市場に行ったのだが、案の定、これといった魚はなかった。

同じように市場にきていたUさんと、市場の横のカフェでいつもの歓談。

そのあと、一緒にグラン・カピタンの魚屋(シスネ)まで行ってみた。




チャンケーテ(カタクチイワシの稚魚)があったので、購入。

家に帰って、2分半ほど茹でた。

チャンケーテ



3時間ほど干すと、シラス干しの完成。

3時間ほどほした






魚屋のおばさんのおすすめ!のマグロ。

頭のすぐ後ろの部位で、生なのにキロが1000円ほどだった。

300グラムほど買った。


マグロの頭のすぐ後ろの部位

これが、久しぶりの生ということもあり、やたらうまかった!




2日の昼酒の肴

ほかは、カブラッチョのあら炊き、ニラのおひたし、やっこ。

2日のお昼



締めは「猫まんま」

あら炊きの煮汁を玄米ご飯にかけた。「ご飯ですよ」をトッピング。

締めは猫まんま

「猫まんま」最高!





2日の晩酌の肴

アジの焼きびたし、マグロとアボカドのピリ辛拌拌(バンバン)、オクラとトマトの出汁マリネ。

2日の晩酌の肴


2019/08/03

夏はこれで1杯!賀茂茄子の味噌田楽と満願寺唐辛子のじゃこ炒め・・・

東京の「男厨同志」からメールをもらった。


近年、日野市でも京野菜を作る農家が出てきて、
近所の農協特売所に並ぶ。
今日は賀茂ナスと万願寺唐辛子があった。

満願寺とうがらしと賀茂茄子


定番の、賀茂ナスの味噌田楽と万願寺のジャコ炒めを作った。

味噌田楽と満願寺のじゃこ炒め





賀茂茄子も満願寺唐辛子も意外と安い。

調理された写真を見て、うまそう!と唸ってしまった。

酒飲みには、たまらない「夏の一品」だ。

早速、真似して作ってみよう!


ということで、「満願寺唐辛子のじゃこ炒め」もどきを作ってみた。

唐辛子は「パドロン・デ・ピメントス・デ・ガジェゴ」を使った。

パドロン


当ブログでは、なんども紹介しているが、ガリシア地方特産の唐辛子だ。

あまり、辛くなく、日本のししとうにあたる。

スペインでは、フライパンで焼いて塩をかけて食す。

日本でも焼き鳥屋で同じような食べ方をする。

パドロンと自家製のしらす干しで「満願寺唐辛子とジャこの炒め物」を作った。

パドロンとじゃこの炒め煮


2019/08/04

今日もうまい肴で飲みすぎた!

この小型の鱈なのだが、大きくない。しかも安い。2尾で300円ほど。

「バカラデイージャ」というのだが、○○ージャはかわいいい時に使う表現のようだ。(自信な

いです!)

鱈のかわいこちゃん!ってことなるのかな。(笑)間違っていたらすみません。

小型のたら


この魚の食べ方だが、スペインでは「ムニエル」がほとんだそうだ。

僕の場合は、干物。

次にムニエル。

天ぷらもうまい。

しかし、いちばんは「蒲焼き」。

昨晩も食べた。

お昼は、天ぷらにしようと思っていたのだが、またもや「蒲焼き」になってしまった。

バカラディージョの蒲焼き





夜は、困った時の「だし巻き卵」

困ったと時のだし巻き卵



最近ハマっている「家政婦志摩さん」のレシピ「オクラとトマトの出汁マリネ」。

オクラとトマトの出汁マリネ




4日の晩はこんな感じの肴。

4日の晩





2019/08/05

大衆魚の王者、バカラディージャ!

今日のお昼は、久しぶりの冷やし中華。

以前は、夏になるとしょっちゅう、食べていたのだが、今年はこれで2回目?

中華麺はないので、平たいパスタで代用。


今日のお昼は冷やし中華






バカラディージャ(小型の鱈)は安くて美味しい!

今日は市場の魚屋は休みなのだが、スーパーマーケット(メルカドーナ)の魚部門は開いてい

る。

行ってみると、「ゴマサバ」と「アジ」、そして「バカラディージャ」が置いてあった。

このスーパーでは、「バカラディージャ」を注文すると、その場で頭と内臓は抜かれる。

以前、「なんで?」と訊いたら、店長が出てきて、「規則です」と言われた。

どうやら、この安くて美味しい魚は足が早いので、中毒を心配しての処置のようだ。

バカラディージャ4尾。


4尾で130円ほどだった。1尾で30円ちょっと。うれしい!

4尾で130円ほどだった

調理法だが、天ぷらにしようかと思っていたのだが、邪魔くさくなりムニエルにしてしまった。

5日の晩酌







2019/08/07

大葉を枯らしてしまった。情けなっ!

鉢が小さいので根が絡まっているのが悪いとの情報を知り、大きな鉢に植え替えたのだが、枯ら

してしまった。

大きな鉢に植え替えたのに枯れてしまった


こちらも枯死寸前。

こちらも枯死寸前




今日、Uさんに市場で会ったら、またもや大葉の葉をいただいた。

市場の横のカフェでUさんにあったら、またもや大葉をいただいた







鯵の塩焼き

市場の魚屋は1軒しか開いていなかった。

散歩がてら、Uさんとスーパーの「メルカドーナ」に行った。

たいした魚はなかったが、眼の綺麗な鯵があったので買った。

ということで、昼酒は「鯵の塩焼き」で1杯。

最初は「鯵の叩き」にしようかと思ったのだが、邪魔くさくなってこれにした。

お昼は鯵の塩焼き


これが正解!

うまかった。





夜は残り物ですます。・・・これが理想の姿だ!

ナスのしぎ鍋焼きとオクラとトマトの出汁マリネ。

ナスのしぎ鍋焼き



2019/08/08

スズキを昆布で締める!

市場の魚屋は、1軒を除き皆バカシオネス(=夏期休暇)。

ということでスーパーの「メルカドーナ」に行った。

ここも、たいした魚はなかったが、「スズキ」の切り身が売っていた。

これが三枚入って700円ほどだった。

スズキのきりみ

友人のUさんから「スズキを昆布締めにしたら、うまかった」と聞いていたので、早速トライし

てみる。

三枚のうちの二枚を昆布で締めた。

昆布締めにした


結果は、こんな感じ。

スズキの昆布締め

すごくうまかった!






夜は、「イカ焼き」で1杯

イカ焼きと枝豆、インゲンの生姜醤油かけ。

夜はイカ焼き







アンダーコントロールの大嘘!

原発処理水タンク22年夏に限界 東電試算、保管容量増も困難
太字部分をクリックするともとの記事へジャンプする。

「おもてなし女」を使ったオリンピック招致演説で、我が嘘つき男は「フクシマはアンダー・コ

ントロールされている」と世界に向かってこう言い放った。

ところが、それが全くの嘘!

さて、どうするの?

しかも、「東電」=「盗電」は、汚染水を海に撒き散らすつもりのようだぞ!

2019/08/09

あの鴨たちは暗渠に隠れていた!

ちょっと前まで、確か5、6羽の生まれたての雛を連れて移動していた鴨だが、この間、

すっかりその姿を見かけなくなっていた。

今年の6月3日の写真。手前が親鳥で向こうに雛が見える。

鴨の親子6月3日


どこに行ったのか?

あるいは、猫とかに襲われたのか?

と心配していたのだが、今朝、プラサ・ヌエバの暗渠の入り口で発見。

暗渠の入り口



2羽は確認

とりあえず、2羽は見つけたけど、ほかはどこに行ったのだろう?






本日は歩きが1万歩を超えた!

いつも行っている中国人経営の「ファミリー・マーケット」は夏期休暇で中国に帰っているの

で、店は休み。

代わりに、以前はよく利用していた、カミノ・デ・ロンダの「中華食材店」へ行った。

ネギやこんにゃく、レンコン、豆腐などを購入。

ここまで往復したので、今日は1万2千歩歩いた。







スズキの「洗い」もいい!

今日(9日)のお昼は、スズキの「昆布締め」の残りでまず1杯。

昆布締めの残りでまず1杯

次に、残っていた最後の1片を「洗い」にした。

スズキの洗い

身がコリコリして、うまい!

「昆布締め」も「洗い」もどちらもイケる。

当分はまりそうだ。







夜は「塩麹焼き鳥」で晩酌!

夜は塩麹焼き鳥

またもや作った、「オクラとトマトの出汁マリネ」!

これクセになるよ。

前も紹介したけど、再度、掲載します。

トマトとおくらのだしマリネ
太字部分をクリックするともとの記事へジャンプする。



2019/08/10

予感どおり「スズキ」に嵌まってしまった!

昨日のブログで、「当分はまりそう!」と書いたとおり、スズキの切り身を買ってきた。

3切れ入っていて630円ほどだった。

すずきの切り身

そのうちの1切れを使って「洗い」を作った。

すずきの洗い

コリコリでうまい!原価は210円なり。




締めは「カレーライス」

カレーライス





夜は「盛岡冷麺」。

雑な盛り付けの具材の下に麺ある。

盛岡冷麺





今朝は、トスターダ・コン・トマテを二枚も食べたし、

明日はきっと体重がどーんと増えているはずだ。怖っ!

トスターダ・コン・トマテの朝食







枝野の発言を嬉しそうに聞く「アベ」


過去最悪の日韓関係…改善に必要なことは? 立憲・枝野代表に聞く
太字部分をクリックするともとの記事へジャンプする。

枝野氏:
「私は弁護士で国際法が専門なのですが、国際法の観点でいえば『元徴用工』問題も、『貿易管理』の問題も、日本に理がある話だと思っており、その点では、政府を支持しています。」
(醍醐 聰さんのツイッターより)/p>




国際法の専門家である枝野大先生が、上から目線でこうのたまったそうだ。

この男、フクシマの原発事故の時も、「国民が心配するといけないから・・・」だなんて、

パターナリズム丸出しの発言をしていたことを覚えている。

それにしても、びっくり仰天の発言だ。

こんなクソはさっさと退場しろ!


④「国際法の観点でいえば『元徴用工』問題も、『貿易管理』の問題も、日本に理がある・・・政府を支持しています」
→ 何という国際法のどの条項を根拠に日本政府に理があると言うのかを語らないで政府を支持。これが野党第一党の党首の見識ではお粗末すぎる。
(醍醐 聰さんのツイッターより)



2019/08/11

うなぎの蒲焼き!よりうまいかも?

昼は、バカラディージャの蒲焼き


バカラディージャの蒲焼き

これは毎回、紹介している小型の鱈。

とにかく安くてうまい。

4尾で160円ほどだから、上のメニューだと80円なり。

うなぎのかわりにしては上出来だ!

ふっくらとしたこの感じ。


バカラディージャの蒲焼きの中身





スズキの昆布じめ

午前中に締めておいた。

スズキの昆布じめ



うますぎるのだが、たくさん食べるものではない。

ちょっとだけ、ゆっくりと味あうのが正しそう。

アップ

僕が割烹やのオヤジなら、締めに使った昆布を下に敷き、その上にスズキをおいて出すだろう

ね。

しかも、ほんのちょっぴり盛りつけて!

これで値打ちがますというものだ。

そういうレシピ。