FC2ブログ
2019/10/15

同じものを何個も持つ!という愚かさ・・・

圧力鍋を買った。

新しく買った圧力鍋





理由は、このサイズ(3.2リットル)のものが欲しかった。

一人分のご飯を炊くのにはちょうどよいサイズなのだ。

ネットで探しても、このサイズはなかなか見つからなかった。

それが、いつも行く中華食材店の通りのフェレテリアのショーウィンドウに飾っておいて

あったのだ。

いつも通るたびにいいなあ、と指をくわえて見ていたのである。

値段は65ユーロ(8000円弱)。





恥ずかしながら、現在も手元に4個の圧力鍋を持っている。(笑)

はじめは、このタイプを買った。(棚からおろしてきたので埃がかぶっていて汚い)

サイズは5リットル。

ここには写っていないが、実は蓋が共用なので、もう一つ6リットルの鍋が地下の物置に

置いてある。


埃まみれですみません





ところが、これは圧がかかると蒸気で分銅が回るのがいいのだけど、時々、蓋の締め方を間違え

てしまう。

つまり、蒸気漏れを何回かやってしまったことがあるのだ。



そこで、このタイプを買った。

これは同じく蓋が共用で5リットルと6リットルの容量がある。


カチッと閉まるタイプの5リットルと6リットル


こちらはカチッと閉まり、蓋がずれたままということはない。

まあ、耳が遠いジジイには、圧がかかった時にしっかりと見ていないと、見逃すことがあるのが

欠点だが。。。

問題は5リットルのサイズは、一人暮らしには大きすぎるのだ。

ということで、先日、店頭で見つけた3.2リットルのサイズのものが欲しいと思っていた。



そんな時、今朝たまたま、机にしまってあった財布を見たら、その中に50ユーロ札が入って

いたのである。

やった!

これに15ユーロを足して、買うことにした。

2合くらいのご飯を炊くのには最高。

ということで、「圧力鍋ジジイ」になってしまった。(笑)

むかし、屋久島でタクシーの運転手をしていたとき、仲の良かった若者が引っ越しの手伝いに

来てくれて、僕の持っているタッパーのおおさにびっくりして「タッパーおいちゃん」と

僕のことを言っていた。

むかしからコレクターなんだよね!



コメント

非公開コメント