FC2ブログ
2009/07/06

朝食バイキング

7月6日(月)

ホテルの朝食バイキングに大満足。焼き飯、焼きそば、パン、オムレツ、フルーツ盛りだくさん・・・同宿のほぼ同年輩の日本人男性など3~4回お代わりしていた。えらい!さすが団塊の世代の人間だ。

ホテル近くの「シン・カフェ」に行き、明日の「ハロン湾ツアー」を申し込む。18ドルとは少し安すぎ。たしか前回はハノイのHISで日本語ガイドつきを頼んだら80ドル近くとられた記憶がある。その時の感想としては日本語などいらないということだった。

その後、「ハノイ大教会」を目指して出発。途中何度も小雨に打たれる。2時間ほど地図を見ながら歩くがたどり着けない。(以前もそうだった)ふらふらになって着いたところはなんと「ハノイ駅」だった。

駅の喫茶店で冷たい紅茶を飲んで、今度は地図を厳密にチェックして、やっと教会へ。

昼食は教会のすぐ近くのレストランの2Fですます。ここのシーフード焼きそばはほんとうまかった。

昼食後は「ホアン・キエム湖」を一周。途中、「ロンリ―プラネット」を売っている青年と出会い、値段交渉。45000ドンを35000ドンに値切り、にんまり。定価はUS$で24$。35000ドンだと2100円ほどで少し得したと思ったからだ。どころが、ホテルに戻りビニールの包装を開くと、どうやらコピー本ないしは落丁版ぽいのだ。紙質が悪く裁断したところの文字が消えていたりしているし、地図などはにじんでいるのである。極め付きは背表紙の「LONLY 」の「L」の文字が切れているではないか。「ONLY」プラネット(大笑い)やられた!・・・これは後日知ったのだが、カンボジアでもこの種のコピー本は売って入れ、一冊3ドルくらいだった。まんまとあの青年にだまされた。値切った時の悲しそうな顔つき。きっとあとで舌を出していたに違いない。

夕食は屋台で食べようとホテルを出たら、またも雨。やむなく近くのレストランで少し気になっていた店に行く。外人でいっぱいで「リトルハノイ」という。味はまあまあだが、値段が安い。

テレビのニュースではベトナム国境近くに接している貴州省では洪水で被害が出ているそうだ。また、江西省ではチベット人による暴動が起きており、死者も多数出ているとのこと。

中国入りする旅の予定は修正が必要だ。