FC2ブログ
2013/02/14

ヤンゴン

2月14日(木)バンコク~ヤンゴンへ

ドンムアン空港からエアーアジアの飛行機で定刻通りに出発。
エアーアジアって、あの「タクシン」さんの会社?革張りのシートで外装も派手な飛行機でした。

1時間ちょっとでヤンゴンに着きました。

イミグレで僕の並んだ列の係官の手際が悪いのか、隣の列の2倍の時間がかかっていました。
通関は簡単で、後は銀行で両替。
これがすごかった。200ドルだけ両替したのですが、現地通貨のチャットの分厚い札束を二つも渡されました。チャットは計算しやすく日本円の10分の1です。2万円が20万チャットとなるわけです。

さて、市内のホテルまでのタクシーは、エアポートタクシーのカウンターでバウチャーを買いました。ところが、これがドル払いなので、少し驚きましたね。10ドルでした。

乗ったタクシーはおんぼろで、もちろんクーラーはなく、すぐに汗が噴き出ました。35度ほどあったようです。
運ちゃんは悪いやつではなさそうなのですが、車と同じで結構いかれていて、へたくそな歌を歌い続けていました。

道路事情は悪く、渋滞がひどくて、街中まで2時間ほどかかりました。
途中、思わず声を上げたのが、京都の市バスがあの薄緑色の姿のままで走っている姿を目撃した時です。すごいですね。退役して何年になるのですかね。

さて、宿に着いたのですが、満室で断られてしまいました。がっくりして、暑い中、荷物を持って歩き出すと、運よくすぐ近くに別の宿の看板を見つけました。
どちらも華人が経営しているようでした。
因みに、この国はもしかしたら「華人」と「インド人」が経済の中枢を押さえているのではないかという印象です。
(後日、訂正。ホワイトハウスのほうの経営者は華人ではありませんでした)


ホテルはまたもやドル払い。部屋代は、窓なし、エアコン付き、共同便所、共同シャワーで18ドルでした。救いは簡単な朝飯がつくとのことです。ガイドブックで調べても、ミャンマーの宿はやたら高いようです。バンコクの1.5倍はする値段です。宿の供給量が需要に追いついていないのが、実情のようですね。高級ホテルは知りませんが・・・こちらは1泊が600ドルとか、300ドルとかおバカな値段がつけられています。

「ダディーズ ホーム」

ホテル「Daddy Home」

近くに食堂がなくて、やっと見つけたのが、路上のレストラン?美味しかったのですが、量が少なかった。腹が減り過ぎで手が震えていてピンがあっていないですね。(笑い)

屋台で遅い昼飯

宿に戻ってシャワーを浴び、ガイドブックで飯屋を探すが近くにはあまり見つからなかった。そんな中、「おいしい」なんて店がわりかし近くにあるのを発見。日本で修業したミャンマーの人がやっている寿司屋。

おいしい

握りずしに味噌汁、野菜天ぷら盛り合わせ。無料の冷たいお茶もついていました。こんなに食べても450円でした。それにしても初日からこんなもんを食っていていいのですかね。我がことながら、先が思いやられます・・・

着いたとたんにこんなもんを食べていた










コメント

非公開コメント