FC2ブログ
2013/08/14

イラン入国

9月10日(火)現在地はウズベキスタンのヒヴァ
ここウズベキスタンでもネット規制がきつく、ブログの更新がうまくゆかない。なぜかロシア語の表示のページに行きついてしまう。宿のお兄さんに聞いたら、政府がブロックしているとのことだ。
なかなか、多難!


2013年8月13日 イランへ急遽、空路で入国


より大きな地図で エレバン~テヘラン を表示

突然、腰痛が出て、このままでは旅が続けられないといった深刻な事態に陥った。今にして思えば、予兆はトビリシにいたときから脚に激痛が走って歩けなくなることがあったのだが、それがどこからきているかがわからなかった。
そして、エレバンでたまたまホテルが満室になり、引っ越しせざるを得なくなったときに、荷物を持ったら腰に激痛が走って、うずくまってしまった。
それでも、今回は、せめてイランだけには行っておこうと思い、航空券を探すとイラン航空のチケットが思いのほか安く手に入ったので、飛行機で行くことにした。


アルメリア出国時になぜか検査官に出国についていちゃもんをつけられる。この後、イランからどこへゆくのか、チケットはあるのかなど・・・どうしてアルメリアの検査官がそういうことを問うのかわからない。イランの検査官が言うのならわかるが・・・ごたごたがあったが、なんとか無事出国できた。
アルメニアの空港のイミグレの検査官やセキュリティーの係官の高圧的な態度をみて、この国がいまだに、ソビエト時代の官僚制国家から抜け出ることができていないと感じた。

チェックインの行列の時に、自称「シマさん」というイラン人女性に話しかけられる。名前は知り合いの日本人から教えられた呼び名を使っているとのことだった。彼女はロンドン在住の学生で英語がペラペラだった。
イランに入国後、僕が当初行こうとしていた「ホメイニ広場」近くのホテルは、夜は危険だから、安全なホテルに泊まるようにと諭された。そこで、前日に航空券を買った時に代理店で教えてもらったホテル「Hotel New Naderi」に行くことにする。また、両替にもついてきてくれて、最後はエアポートタクシーの窓口でタクシーチケットを入手するのを見届けてくれて別れた。ほんとありがとう、「シマさん」。最高のホスピタリティに感激。
イラン人はトルコ人と同じで感じが良い。考えてみたら、グルジアとアルメニアではこうした雰囲気を感じなかった。みな一応に暗くて、なんとなく閉鎖的だった。両国はキリスト教国だ。トルコとイランは、シーア派とスンニ派と宗派は違うが同じイスラム教国。この対比がなぜかおかしい。


エアポートタクシーの運転手は年配の少し英語を話す人で、ずいぶん親切な人だった。ただし、「NEW NEDERI HOTEL」に行くところが、「NEDERI HOTEL」になってしまった。結果オーライで、NEWの方だったら30ドルと聞いていたのだが、こちらは18ドルですんだ。
疲れているので2泊することにした。焦らずにゆこう。

いろいろあった。
身体が結構疲れていた。飛行機の中でしんどかった。
まあ、無事にイランに入国ができて良かった。

イラン入国が8月14日なので、滞在期限は9月の12日までということを気に留めておくこと。






コメント

非公開コメント